投資についての素人日記

2017年春から100万円を元手にIPOを再開しました。 主にIPO、株主優待、ふるさと納税について書いてみます。

カゴメ株主優待届きました。

IMG_4700

カゴメの株主優待は、優待金額のわりにお得感あり、いつも楽しみにしております。




にほんブログ村 その他生活ブログ ふるさと納税へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

ロボアドバイザー2社で比較

 THEO       225,506 -4,494(-1.05%) (おまかせ運用)
 WealthNavi  221,283 -¥12,699
(-5.43%
)(リスク許容度2/5)

4/7現在)
預け方に多少の差はあるが、同じ23万円預けて以上の違いです。
個人的にはTHEOのほうが優秀な気が・・・


にほんブログ村 その他生活ブログ ふるさと納税へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村


ふるさと納税更なる通知

総務省は30日、ふるさと納税の返礼品を原則として、地場産品に限るよう全国の自治体に通知すると正式に発表した。通知は4月1日付。無関係の地域の特産品を返礼品にする自治体があるためで、「ふるさと」へ貢献するという制度の趣旨を改めて徹底する狙いだ。

 通知に強制力はないが、総務省は見直さない自治体には個別に要請することを検討。昨年4月の通知と同様、返礼品の調達額を寄付額の3割以下とすることを改めて求めた。野田聖子総務相は30日、「特に返礼割合の徹底についてお願いしている」と述べた。

 一部の自治体は、仏産シャンパン、地場産品が含まれていないカタログギフトなどを返礼品にしている。制度で返礼品は必須ではないが、大半の自治体が寄付額に応じて贈呈。総務省は寄付金集めのために自治体同士が返礼品の豪華さを競う傾向を問題視している。(産経新聞)


以上のことを全国の自治体に4月1日付で通知するようである。
そうなると実際の話、寄付の選択の幅はかなり狭まるかも・・・
通知に基づき自治体が動くまでに寄付したほうが得になる予感・・・
ふるさと納税するなら今でしょう

   こちらからどうぞ   


にほんブログ村 その他生活ブログ ふるさと納税へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
WealthNavi
THEO
THEO
さとふる
2017年IPO当選銘柄
力の源ホールディングス
 +321,618円
(野村証券)
オークネット
 +19,676円
(野村ネット&コール)
ビーブレイクシステムズ
 +603,000円
 (SBI証券)
PKSHA Technology
+307,136円
 (SMBC日興証券)
1,251,430円利益
2018IPO当選銘柄
CREロジスティクスファンド投資法人
-980円
(大和証券)
キュービーネットホールディングス
-12,570円
(マネックス証券)
キュービーネットホールディングス
-4080円
(大和証券)
アジャイルメディア・ネットワーク
+1,242,182円
(みずほ証券)

1,224,552円利益
ふるさと納税返礼品
【2016年】
充電式ふとんクリーナー
(静岡県小山町)
【2017年】
宿泊補助券(5万円分)
(長野県阿智村)
【2018年】
日本旅行ギフトカード(5万円分)
(神奈川県寒川町)
日本旅行ギフトカード(1万円分)
(岐阜県池田町)