投資についての素人日記

2017年春から100万円を元手にIPOを再開しました。 主にIPO、株主優待、ふるさと納税について書いてみます。

2018年07月

ロボアドバイザー

THEO      418,345円 +13,345円((おまかせ運用)

 

WealthNavi  419,555円 +14,555円
リスク許容度2/5)

2017年9月~2018年7月11日現在)

預け方に多少の差はあるが、同じ40万5千円預けて以上の違いです。

ロボアドバイザーの利用方法として、短期の運用もありなのかなあと思っています。
2~3か月後に必要になる資金を、預けておくだけで結構利益出ます。
銀行に2~3か月置いておくより、よっぽどお得だと思います。
私は子供の学費を2社で同じように積み立てています。
学費が必要になったらその額引き出しています。


ロボアドバイザーの特徴
運用はすべて自動でおまかせ
②質問に答えることで、最適なプランを作成
定期的に資産配分・リバランスを実施
④手数料は年率1%以内


WealthNavi
[
ウェルスナビ]

THEO
[
テオ]

運用開始方法

・リスク許容度の設定 

・投資運用目的の設定 

最低投資金額

10万円

1万円

自動積立

1万円以上1円単位

1万円以上1,000円単位

手数料

3,000万円まで年率1.0%(税抜)
3,000
万円を超える部分は年率0.5(税抜)

投資対象

海外ETF

取扱銘柄数

6~7銘柄

30~40銘柄

運用方針

リスク許容度に合わせて運用方針を決定

投資運用目的に合わせて運用方針を決定



THEO




にほんブログ村 その他生活ブログ ふるさと納税へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村


THEOポートフォリオ

あなたの資産運用方針:
値上がり益重視

資産運用方針

値上がり益重視の「グロース」に配当・利息重視の「インカム」、インフレ対策の「インフレヘッジ」を組み合わせた資産運用方針を提案します。

資産運用方針について

グロース
株式中心に運用
44 %
インカム
債券中心に運用
41 %
インフレヘッジ
実物資産中心に運用
15 %

資産構成(ポートフォリオ)

世界中の様々な銘柄に資産を分散させてリスクを低減しつつ、理想的なリターンの獲得を目指します。

資産の種類についてさらに詳しく

  • 資産の種類別の構成
  • 国・地域別の構成
  • 先進国株 43%
  • 新興国株 3%
  • 先進国国債 19%
  • 投資適格債券 18%
  • ハイイールド債券 4%
  • 新興国債券 4%
  • リート・不動産株 4%
  • コモディティ 5%
  • 通貨 0%
  • その他 0% 

  • WealthNavi ポートフォリオ


 
総資産額¥419,555+¥10,677

資産クラス 評価額 損益
米国株(VTI) ¥117,614 5,367
日欧株(VEA) ¥43,827 745
新興国株(VWO) ¥21,078 162
米国債券(AGG) ¥144,039 1,952
物価連動債(TIP) ¥47,714 734
金(GLD) ¥20,796 25
不動産(IYR) ¥20,997 1,110
現金 ¥3,490

iDeCo(個人型確定拠出年金)運用成績

資産残高   197,216円
拠出金累計  192,000円(手数料込)
損益     +5,216
損益率     +2.7%
(7/7現在)
2017年3月より開始

昨今の市場の低迷で損益率も低迷していますが、プラスを維持しています。


運用益に加えて、ほかにも得なことが・・・

iDeCo(個人型確定拠出年金) 3つの税制メリット
 
      
私の場合年間節税額43,000円ぐらいになります。

現在はほとんどの金融機関の運営管理手数料が0円になりました。





ふるさと納税返礼品来ました。

日本旅行ギフトカード(5万円分)

10万円寄付すると、5万円分の日本旅行ギフトカードが返礼品でもらえます。

IMG_4782

嫁の分も含めると2枚(10万円分

   こちらからどうぞ


ふるさと納税のメリット
税金が控除される。
寄附したお金が、今年払った所得税から一部戻ってきて、さらに翌年度の住民税から差し引かれます。

控除を受けられる上限額の範囲内であれば、2,000円を超える部分の全額が控除の対象となります。

税金の控除額は年収や家族構成などに応じて異なります。
下記のサイトで確認してみて下さい。
    ↓   ↓   ↓
ふるさと納税控除限度額について

あなたの好きなお礼の品がもらえる
控除を受けられる上限額の範囲内であれば、2,000円
で、お礼の品をもらえることになります。

好きな地域を応援できる
寄附先を自由に選べます。

寄附をすると、税金が控除されてお礼の品がもらえて自分の好きな地域の活性化に役立つ
ふるさと納税して損なことはないと思います。



にほんブログ村 その他生活ブログ ふるさと納税へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
WealthNavi
マネックス
yahoo
楽天証券
さとふる
ふるさと納税返礼品
【2016年】
充電式ふとんクリーナー
(静岡県小山町)
【2017年】
宿泊補助券(5万円分)
(長野県阿智村)
【2018年】
日本旅行ギフトカード(5万円分)
(神奈川県寒川町)
日本旅行ギフトカード(1万円分)
(岐阜県池田町)
2018IPO当選銘柄
CREロジスティクスファンド投資法人
-980円
(大和証券)
キュービーネットホールディングス
-12,570円
(マネックス証券)
キュービーネットホールディングス
-4080円
(大和証券)
アジャイルメディア・ネットワーク
+1,242,182円
(みずほ証券)
SBIアシュアランスグループ
+30円
(SBI証券)

1,224,582円利益
2017年IPO当選銘柄
力の源ホールディングス
 +321,618円
(野村証券)
オークネット
 +19,676円
(野村ネット&コール)
ビーブレイクシステムズ
 +603,000円
 (SBI証券)
PKSHA Technology
+307,136円
 (SMBC日興証券)
1,251,430円利益